忍者ブログ

吉良吉影は静かに暮らしたい

2014
04,18

あと一手、なんとかならないかなと行動表とにらめっこしていると、ラストの12ターン目の「黄金鳥」を雪美ちゃんが、「郡狼の襲撃」を桃華ちゃまがブースト込みで使用する事も可能なんじゃないだろうかと思いついた。しかし、やはり11ターン目のパワーディバイドはブースト使用しないと、その後のセルの攻撃に耐えられない。通常ならば耐えられたかもしれないが、11ターン目の斬攻撃は既に二つ掛かっていた攻撃デバフ二枠が防御デバフ二枠(森の結界、コロシッブオーラ)に押し出されているためダメージが激増し、耐えるのは絶対不可能なのだ。


もちろん、サイクロンルーツ時にオートガードが発動してダメージを減らしたり、11ターン目に致死のダメージを受けたとしても「決死の覚悟」(死亡ダメージを食らってもHP1で生存)が発動しさえすれば何とかなるが、それを狙って出すのは最期の手段にしたい。


ここでふと思ったのが、10ターン目のありすちゃんの「力溜め」。前回も少し触れたけど、どうやら本当に効果が無いらしい。「サジタリウス」に対して「力溜め」を使用してしまうと、サジタリウスが空中に居る間に再度力溜めを行い、落ちてきたサジタリウス(被力溜め)と同時にダブルアタック(被力溜め)を行っても「ダブルアタック」のダメージが倍になっていない。おそらくは不具合である。しかし、どうせ効果が無いならこの時にありすちゃんに桃華ちゃまの回復をして貰えばいいのではないだろうか!?ここでメディカが使えれば、桃華ちゃまはブーストを温存した状態で攻撃に耐えることが出来る。いける!!


まあ、もちろん「力溜め」の不具合さえなければ3,000ダメージが上乗せさせるため、前回の時点で既にセルは倒せていたんじゃないだろうかという疑問も浮かぶけど、それはいいんだ。世界樹にバグは付きもの。バグの無い世界樹など世界樹ではない。スタンドアロンのゲームはそこに出されたものが全てである。アップデートなどは無い。冒険者は与えられた条件で戦えば良いのである。


グリモアを再調整して雪美ちゃんに「黄金鳥」を実装。いざ最終決戦へ。


-----------------------------------


運命の12ターン目。


桃華ちゃまのブースト込み「郡狼の襲撃」。


雪美ちゃんの「黄金鳥」でフォレスト・セルの「セグメント」発動前に全員が行動できるようにする。


ありすちゃんの「ダブルアタック」でジャブをかます。


そして、むつみちゃんの……


「無双の構え」(ブースト込み)
「ウォークライ」(ブースト込み)
「攻撃隊列」(ブースト込み)


「郡狼の襲撃」(ブースト込み)


の掛かったツバメ返しが!


「軟身の呪言」(ブースト込み)
「森の結界」
「コロシッブオーラ」(ブースト込み)


で弱らせたフォレスト・セルに


さくれつした!!!!!!!!!!!


ぎゃあ!生きてる!


最期は薫ちゃんの「クリアストライク」!!!


フォレスト・セル を たおした !


(倒した直後は写真取ってる余裕無かったので、発見時(初撃破)のやつ)


-----------------------------------


た、倒せた…?


え、ま、まじ……??


最初、あとさんまんごせんも足りなかったのに…??倒した…??


や、やったああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


-----------------------------------


い、いやあ、なんとかなるもんだなあ……。最期の薫ちゃんの一発まで絞りきっての撃破。後から調べてみたら多少の変則性はあるものの、「セグメント」以降にもパターンがあり、それを見切りながら徐々にダメージを蓄積させて倒す方法もあるみたい(というか、明らかにそっちが正規ルート)だけど、倒してしまえばそれで良いのだ。勝った…。本当に勝った……。


今回は実はこだわりがあって、「なるべく偶然を頼らない」というのがあった。世界樹3のラスボスも今回と同じように「ランダムパターンに入る前に殺す」をやったのだけど、あの時は麻痺をつけたり、ダブルアタックを複数回発動させたりという「運の要素」を取り入れまくって殺したので、「一回は倒せたけど、これの再現は無理だな…」という状態だった。しかし、今回の行動表は偶然の要素が殆ど無い。手段の確立さえしてしまえば何度でも再現可能である。これは本当の意味での「完全勝利」と言える。アクセラは一回に付き16個も使うけど……!


しかし、フォレスト・セルを倒してもイベントも何も発生しない。セリフの一言も無く、取得素材もただの換金アイテムというのはすごいストイックぶりである。いや、いいんだ。これが世界樹である。


別にフォレスト・セルを倒さなければ世界が滅ぶわけでもないし、そもそも六層の冒険は誰かに依頼をされた訳でもない。プレイヤー自身が、次のフロアには何があるのか?どんなモンスターが居るのか?それを見たくて階層を進めたのだ。そこにイベントによる強制は無い。プレイヤーは自由な冒険者なのだ。


階層を進みたいから進んだ。フォレスト・セルを倒したいから倒した。そして、それを成し遂げた。これ以上の喜びは無い。ありがとう、世界樹…!たしか発売は6月だったから10ヶ月掛かったけど、しっかりクリアしたよ…!


-----------------------------------


と言うわけで、次回最終回!新世界樹総評(クラシックモードしかやってないけど)と各キャラ感想書いて終わるよ!

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]