忍者ブログ

吉良吉影は静かに暮らしたい

2020
07,05

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2020
01,05
これが、スター・ウォーズ。みんなこれが見たかったんだろ!?という映画だった。

いい面もあるし悪い面もある。いい面としては画面全体の豪華な作り、初期の辺りに出て来た部族のお祭りの画面いっぱいに広がる派手で、今まで体験したことが無い賑やかなCGやデス・スターが落ちてた惑星の大波に揺られながらのチャンバラシーンはこれでもかというほどにお金が掛けられていて見ていてゴージャスな気持ちになれる。せっかくのスター・ウォーズ、出し惜しみなしで行こうぜ!!という気持ちの良さがあるし、スター・ウォーズはこれでいいと思う。

ストーリーラインのいい意味での単純さ(惑星エクセゴルに行くためにはこれをやって、これをやるにはこれをクリアする必要があって…というRPGのフローチャートのような展開)もストーリーの煩雑さに気を取られることなく画面に集中できる。そう言った意味では「7」に近い感じがした。結局、ミレニアム・ファルコンが宇宙のいろんなところにビュンビュン飛び回って冒険している様が見たいのだ。フォースで宇宙船を引っ張り戻したところも良かった。

悪い面…というか、これは私が勝手に個人的に期待していたところがそうならなかったので残念だなあと感じているところなんだけど、レイの正体…というか出自が「パルパティーンの孫」というのは一番残念だった。レイのファミリーネームのギミックは7の時点から仕組まれていたのでもしかしたら最初期から設定されていたのかもしれないのだけど、レイがパルパティーンの血筋を引いていると結局、宇宙全体という壮大な舞台を用意していても、登場している人物の範囲が限りなく狭くなってしまって、窮屈に感じられる。(逆に広大な世界観、限定された人間関係で対比しているのかもしれないけど…)

新三部作になって「レイ」というこれまでのシリーズとは一切関係の無い新しいキャラクターが登場した。これはフォースというものはどこにでもあり、誰にでもあるもの、つまり「レイ」はそれまでジェダイとシスの戦いの中で「背景」でしかなかった「ただの人間」であり、その「ただの人間」でも勇気と意思さえあればジェダイになれる、というのが新三部作なのかなと思い込んでいた。まあただ、こういう「予想」は得てしてはずれるものなので、「そうじゃないです」と言われたら「そっか~」としか言いようがない。

あと、ストーリーラインが単純なのはいいんだけど、処理が適当な部分も多かった。輸送船が爆発してチューバッカが死んだ→二台あったので無事(画面には一台しか映ってない)とか、シスの言語を解析したらC3POのデータが消えてしまう!→バックアップで戻りました。(いやまあ、戻るって言ってたけど…)とか、ぶち上げておいて「なんだあ」という感じで解決する部分が多く、茶番感が増してしまった。基本的にフォースとか一瞬でも冷静になったら「こいつら何遊んでんだ…??」と正気に戻りがちなスター・ウォーズで真顔に戻る描写は致命的なので避けた方が良い。これなら入れない方が良かったまである。

とはいえ、最後にレイが「私の名前はレイ・スカイウォーカーです」と〆てくれたので万事オッケー感はある。やはり最後の締めのセリフというのは極めて重要なのだ。まあ、あのセリフの意図も見た人で解釈が分かれる所ではあると思うんだけど、それはまあ、見終わった後にみんなで「あのセリフってさあ…」という肴にすればよいのである。(ちなみに私はあれはベンのフォースによってレイが蘇った経緯もあって、「スカイウォーカー」は自分の中にあるとレイが解釈した結果、と思ってる)
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]