忍者ブログ

吉良吉影は静かに暮らしたい

2014
04,06

まずはグリモア化した「禁忌の輪舞曲」のレベル上げ。前も書いたような気がするが、ローザ茶のGOOD効果の一つに「効果発動中のみグリモアレベルを+2する」というものがあり、それが発動中の時にグリモアに入っているスキルが再グリモア化されると、元よりも最大で2レベルまで上がったグリモアが出来る可能性がある。(通常は現在習得している、もしくはグリモアに入っているレベルまでのものしか手に入らない。)これを利用してレベルを上げるのだ。


現在の「禁忌の輪舞曲」のレベルは「6」。(バグにより?)レベル9で延長ターンが「3」になる。一度のレベル上げで上がるのは「2」までなので、最低でも二回はレベル上げに成功しなければならない。まずは初回のレベル上げをさくりと終わらせてしまいたい所である。


(一時間後)


あ、あがらねえ…!!


ぜんっぜん上がらねえ!!レベル50位のキャラでもレベル8や9のグリモアは生成出来るはずなのに、桃華ちゃま:レベル82が頑張っても一向に上がらない。コピー(レベル6の再作成)ですら困難な状況である。命からがらレベル「5」のグリモアがコピー出来たので、今回はこれで妥協する。レベル5から延長ターンが「2」になるのだ。単純に、毎ターン掛けて行けば1回につき1ターンの余裕が生まれる。これがレベル4以下だと一回につき1ターンしか伸びないので、強化を維持するためには誰か一人が毎ターン掛けなければならない。流石にそれは避けたい。


------------------------------------


ようやく出来た「禁忌の輪舞曲」をさっそく組み込むと同時に、全体的なグリモアを見直しを行う。まずは、桃華ちゃま。「博識」と「かばう」を切る。「博識」は薫ちゃんのSPがあまって来たので、自力で取ってもらってグリモア枠を空ける。あと、結構苦労して取った「かばう」だけど、ディバイドガードの様に速度補正をしてくれない以上、やはりスーパー鈍足のパラディンがこれを使いこなすことは難しい。実際に組み込んでから今まで使用したことが一度も無い。また、今後は「パワーディバイド」によってパーティ全体を覆ってしまう作戦が主になりそうなので、ますます「かばう」の出番がない。さようなら「かばう」。


「博識」「かばう」を捨てて入れるのは、「HPブースト」「ショックガード」(両方★)である。自力習得が可能なスキルではあるが、これをグリモアに組み込むことにより、SPを節約する。桃華ちゃまを一旦休養させ、上記スキルに振っていたSPを「オートガード」「渾身ディフェンス」に振り、マスターレベルまで引き上げる。


「渾身ディフェンス」→「パワーディバイド」で大抵の攻撃は受けきれるはずである。更に「オートガード」(被弾時に自動的に「防御」を行う)があれば「パワーディバイド」の安定性が増す。取ったときはコンボ可能であると信じて疑わなかったが、そういえば「パワーディバイド中は発動しません」という可能性もあったんだよな…取った後で何度か発動を確認しているので、大丈夫だったけど。


むつみちゃんには「憤怒の力」(HP減少時、攻撃力UP)を与える。「パワーディバイド」によって、理論的にむつみちゃんの被弾は0になるはずなので、事前に瀕死状態になっておいてボス戦に入ったりする作戦も取れる。また、ありすちゃんに組み込んだ「ウォークライ」(自身と同じ列にダメージ+防御力減少」を与えることで攻撃力を上昇させる)の反動ダメージによってもHP調節が出来るはずである。


「パワーディバイド」は実は後衛からでも発動可能(肩代わりするダメージは肩代わりするキャラの居る位置に影響される)なので、「ウォークライ」を使用するときは桃華ちゃまは後衛に下げればよい。(というか、フロントガードを使う気が無い時は常に後衛で良い)


「禁忌の輪舞曲」は薫ちゃんに組み込む。雪美ちゃんには「郡狼の襲撃」を毎ターン打つという仕事があるので、手が空いているのは薫ちゃんしかいないのだ。「パワーディバイド」によって、攻撃が桃華ちゃまに集中するため、HP回復やその他縛り・状態異常(起これば)の回復も彼女一人に限定されるため、アイテム(メディカⅣは無条件に全HP回復)で事足りる。


------------------------------------


改めて、魔竜さんに再挑戦。準備として、桃華ちゃまには「テラー」耐性のアクセサリを付ける。「テラー」が付いてしまうと「パワーディバイド」が発動しないため、これはもうしょうがない。下がった防御力は「渾身ディフェンス」で補う。前回「渾身ディフェンス」が「5」だったものが今回は「10」まで上がっているので、「防御隊列」「力祓いの呪言」のサポートは要らないかもしれない。


また、魔竜さんは即死技を持っているので、盾を防御力は多少落ちるものの即死耐性のある「天使の盾」に換装。むつみちゃんとありすちゃんも同様。また、ローザ茶で「最大HPアップ」も付ける。「パワーディバイド」の倍率は現在のHPに対して掛かるため、基礎値を上げておくとより効果が得られるのだ。


さて、戦闘に入る。初回、魔竜さんはかならず「死滅の眼光」を使ってくる。即死耐性でいなせればボーナスターンである。このスキに「渾身ディフェンス」を張る。次のターン「パワーディバイド」発動。そして、魔竜さんの「恐怖の竜牙」!


ガキン!!


ガキン!!


ガキン!!
ガキン!!
ガキン!!


桃華ちゃま「ふう」


た、耐えたあああああ!!あれだけどうしようもならなかった「恐怖の竜牙」を一人で!しかも「渾身ディフェンス」のみで!す、すごい…!


こうなれば、バフデバフは全て攻撃系に振ることが出来る。魔竜さんに「コロシッブオーラ」「軟身の呪言」「森の侵食」の防御ダウン三枠、むつみちゃんには「無双の構え」「攻撃隊列」「ウォークライ」の攻撃アップ三枠。ありすちゃんは構えが無いので「攻撃隊列」「ウォークライ」。(更に極まった場合には「ブレイバンド」でも入れたい所である。)


全ての枠を埋めた後は、薫ちゃんが「禁忌の輪舞曲」を使ってそれらが解除されないようにターン延長を掛ける。雪美ちゃんは「郡狼の襲撃」を毎ターン掛けてツバメ返し及びサジタリウスを援護。


五人全員の力で一気に魔竜さんを追い詰め、最期は解剖用水溶液を掛けて撃破。完璧だ。


レア素材からは、ブシドー最強防具。あれっ。通常素材もブシドーの防具だった気がしたんだけど……。まあ、なんにせようれしい。これで後は雪美ちゃんの防具だけである(アスミスがくれた防具が最強じゃないよね…?)


あれだけ恐ろしかった魔竜さんを完封してしまった。これはもう炎竜に行ってもいいんじゃなかろうか。


------------------------------------


さて、実は今日はいろいろと世界樹の雑事をこなしていた。


まずは、今回のグリモア大改修をやったおかげで「戦功の角笛」が店売り在庫4個になってしまったので、またメデューサツリーを狩らなければならない。しかし、調整した結果、


1ターン目
薫ちゃん:攻撃隊列
むつみちゃん:上段の構え
星歌お嬢様:軟身の呪言


2ターン目
むつみちゃん:ツバメ返し
星歌お嬢様:ポイズンドラッグ


このパターンでほぼ確実に毒殺出来ることが判明したので、サクサクと回収する事が出来た。途中、後述の七王のグリモア取りの休憩を挟んで、計50個近くののレア素材をゲット出来た。局面的に考えても、これが最期のメデューサツリー狩りかもしれない。そう考えると、ちと寂しい。


また、丁度ギルドカードの一桁目の数値が「7」でちょこちょこと揃っていたので、微調整を加えて全て「7」で統一。やろうやろうと思っていた「七王のグリモア取り」を決意する。


「七王のグリモア」はボス撃破時に極低の確立で手に入る特殊なグリモアで、ギルドカードに記載されている「冒険日数」や「獲得エン累計」などの数値の一桁を一致させると、一致させた分だけ取得確立が上がるというものである。最頻出スキルのひとつ、「郡狼の襲撃」もスノードリフトから取れる王のグリモアである。これまでは郡狼の襲撃のみ取得していた。


連戦しても「数値の一桁の一致」は崩れないものが多い。取るときは七王一気にやろうと決めていた。「敵撃破数」のカウントもあるので、ボス一体倒すごとにザコを9体倒して数値を一巡させる必要がある。また、「グリモア生成」のカウントは王のグリモア生成時にもカウントされてしまうので、この数値は一致を諦める。つまり、二回目以降は確立が低くなるということだ。しかし、それに気づいたのはスノードリフトの王のグリモアを取得した時だったので、一番オイシイ状態を一番弱いボスに使ってしまったのだ。かなしい。


気を取り直して、スノードリフト、ケルヌンノス、コロトラングル、岩尾さん、アルルーナ、蟻の女王、マンティコアを次々と撃破。強くなったものだ……。アルルーナのテンタクルビートにはボッコボコにされたのに、今ではパワーディバイドで全てらくらく受け止められてしまう。


その次は、解剖用水溶液をぶっかけ損ねた雷竜さん再戦。


初回、初見で撃破出来たんだから余裕だろーと思ったら、とんでもなかった。雷竜さんってば、全体バフ打消しとか使ってくるので、バフデバフの塊であるMQとは相性最悪だったのである。更に、状態異常として麻痺とテラーを両方使ってくるので、麻痺に耐性を付けるとテラー時に「パワーディバイド」が発動できず、逆も然りという状況。


そもそもの問題として、ボスは基本的にHPが減れば減るほど攻撃が苛烈になっていく。そのため、解剖用水溶液を掛けようとモタモタしていると一気に追い詰められてしまう。更にMQメンバーは攻撃手段にクセが多く(「構え」や「サジタリウス」の待ち時間など)一度体制を崩されると、ダメージを与えることすらままならなくなってしまうという弱点がある。


それでも、レベル差があるのでなんとかゴリ押しで水溶液のぶっかけ撃破に成功。待望のレア素材は…アルケミストの防具!オウ……。あと、二番目の「条件ドロップではないけどレア素材」の位置にある素材も今回初めて取れたのだが、こっちは何も増えなかった。そういえば、氷竜の時も水溶液で倒したのに二つしかモノが出来なかった様な気がする。言われてみれば最強剣って三竜の素材が複合で必要だったような気が……。


まあ、MQには剣を使うメンバーはいないのだけど。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]